すっぽん 味

すっぽんてどんな味なの?

すっぽんの味

 

すっぽんとは、コラーゲンが多く、美容や病気の予防などに効果がある、高級食材です。値段が高いため、食べたことはないけど、いずれ食べてみたい、どんな味がするのか気になるという人が多いでしょう。また、食べてみたいけど、見た目がグロテスクなため、なかなか手を出しにくいという人もいるでしょう。そのような人のために、すっぽんの味について、説明していきましょう。

 

まず、すっぽんは身の部分はもちろん、生き血を飲むこともできます。亀の身を食べることすら、抵抗を感じる人が多いのに、ましてや生き血を飲むなんて、聞いただけでぞっとしてしまいますよね。
まずは、身の部分の味から説明していきます。すっぽんの身は、鍋や唐揚げなど火を通すだけでなく、刺身として食べることもできます。火を通す場合は、鶏のささみと同じ味だと思っていただければいいです。歯ごたえがあり、あっさりしています。刺身として食べる場合も、生臭さはなく、あっさりした味を楽しむことができます。亀のグロテスクな見た目を忘れるくらい、抵抗を感じることなく食べることができます。

 

次に生き血についてです。生き血は誰もが想像するとおり、鉄の臭いが強く、美味しいものではありません。しかし、栄養が豊富なため、飲みたいと思う人がいるのです。
このように、すっぽんは健康に良いため、一度は食べてもらいたい食材です。身の部分では、誰でも美味しく食べられるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

スッポンの特徴・生態

まず、スッポンとは亀の仲間であり、噛みつく力が強く一度噛みついたら離さない事で有名です。万が一噛みつかれてしまったら、慌てず(と言っても難しいですが)水に戻してやれば大抵の場合は泳いで逃げてくれます。不用意に近づかないのが一番です。
そんなスッポンですが、亀の仲間でありながら甲羅は柔らかくなっており、そのため他の亀と比べると体が軽くなっています。

 

スッポンが普段どんな場所で生活しているのかというと、水の底で自分の体に似た泥や砂に隠れるか、柔らかい甲羅を生かして岩の隙間に隠れています。基本的には水中で生活しており陸に上がって歩く事はほとんどありません。しかし、皮膚病に弱いという性質があり、時折甲羅を干すため陸に上がります。しかし魚のようなエラ呼吸ではないのに、陸にほとんど上がらずに生活出来るのかというと、首が長くシュノーケルのように鼻先を水上に出す事が可能だからです。そのため陸に上がる事はほとんどないのです。

 

めったに陸に上がらないため、陸上での動きは鈍いのではないかと思ってしまいますが、実は陸上でも素早い動きを見せるのです。その動きはのろまなイメージの亀とは遠く、本当に亀の仲間なのかと思ってしまいます。他の亀は水中でも陸上でも素早く動けるスッポンを羨ましく思っているのかもしれません。

 

人気のすっぽんサプリ|すっぽんの効果情報も満載!